【Anker NanoII 65W レビュー】おすすめはホワイトカラー!MacBookユーザーが買うべき充電器

AnkerNanoII65Wホワイトのアイキャッチ暮らし
ロクロク
ロクロク

どうも!ロクロク(プロフィールはこちら)です。

MacBookを買って

充電器デカすぎだろ・・・

と思ったことはありませんか?

MacBookを持って出かける時に充電器が大きいのは嬉しくないですよね。

そんなMacBookユーザーのあなたにおすすめの「Anker NanoII 65W」について紹介しようと思います!

この記事を読むことで

  • Anker NanoII 65Wの商品情報
  • 他の充電器と比較したサイズ感
  • 純正の充電器から買い替えたほうがいい理由
  • MacBookユーザーはAnker NanoII 65W ホワイトがおすすめの理由

が分かります。

Anker NanoII 65Wの商品情報

「Anker NanoII 65W ホワイト」を手でつかんだ様子
商品名Anker NanoII 65W
価格3,990円(税込)
公式サイトAnker Japan公式サイト
サイズ約44 × 42 × 36mm
重さ約112g

Anker NanoII 65Wはモバイル充電ブランドのAnkerから発売されている、世界最小クラスの充電器です。

手のひらに収まるサイズ感で持ち歩くに便利です。

AnkerNanoII65Wホワイトを手のひらに乗せている様子

パッケージについて

Anker NanoII 65Wのパッケージから紹介していきます。

パッケージの正面はこのように

AnkerNanoII65Wホワイトの箱正面

Ankerではおなじみの白と水色がベースになっているカラーのパッケージになっています。

裏面にはAnker NanoII 65Wについての説明が書かれています。

「AnkerNanoII65Wホワイト」のパッケージ裏面

書かれている内容は

  • 独自技術「Anker GaN Ⅱ」採用
  • 超コンパクト設計と高出力の両立
  • スマートフォンからノートPCまでこれ一つで

と特徴が書かれていて(詳しくは公式サイトへ)、充電器の使い方も書かれています。

裏面に書かれているこちらのイラスト部分だと

AnkerNanoII65Wホワイトのパッケージ裏面イラスト

2つの端末を充電できるように見えますが、USB-Cのポートは一つです。

ひとつのケーブルしか刺せないので、間違えないよう注意しましょう!

続いてパッケージの中身はこのように

AnkerNanoII65Wホワイトのパッケージ中身

おしゃれなクリアケースに入っています。

丁寧なパッケージに入れられていると開けるときにいい商品なんだろうなとワクワクさせられます。

Anker NanoII 65Wとても丁寧にパッケージされていてAnkerには好感が持てました!

他の充電器との比較

他の充電器との違いをサイズ感を中心に比較していきたいと思います。

まずはサイズの違いを比較します。

ロクロクの持っているAnker PowerPort III Nano 20WとApple純正電源アダプタと比較してみるとこのように

AnkerNanoII65Wホワイトのサイズ比較

Anker NanoII 65Wは中間ぐらいのサイズになります。

Anker PowerPort III Nano 20Wと比較

Anker NanoII 65Wはプラグ部分を折りたたむことができます。

折りたたむことで、Anker PowerPort III Nano 20Wとほとんど同じ横幅サイズになってしまいます。

これでワット数が約3倍も違うので驚きですね!

AnkerPowerPortIIINano20Wとの横幅の比較

厚さはさすがにAnker NanoII 65Wのほうが厚いです。

AnkerNanoII65Wホワイトの厚さ比較

高さも約1.5倍くらい違いますが、このくらいの違いであれば持ち歩くのに支障はないかと思います。

またAnker PowerPort III Nano 20WではMacBook Air/Proともに充電ができないので、余分にMacBook用の充電器を持つ必要があります。

Anker NanoII 65Wであればこれ一つでスマホからノートPCまでカバーできるので、多少の大きさはデメリットにならないかと思います!

Apple 61W USB-C 電源アダプタとの比較

パッケージにも書かれていましたが、Apple 61W USB-C 電源アダプタと比べてAnker NanoII 65Wはサイズが60%も小型されています。

形は横からみるとどちらも正方形のような形をしていますが、正面から見ると

Apple61WUSB-Cとの厚さ比較

Anker NanoII 65Wのほうが厚みがあることが分かります。

ロクロク
ロクロク

Anker NanoII 65Wはサイコロのような形!

重さはApple 61W USB-C 電源アダプタが約204gなので、Appleのほうが重いのですが、持ってみた感じはあまり違いを感じませんでした。

純正の充電器から買い替えたほうがいい理由

Anker NanoII 65WはMacBookに付属してくる充電器に比べてとても小さいことを紹介しました。

もちろん小さくひとつでいろんなデバイスを充電できるので荷物が減らせて、持ち運びやすくなるメリットがあります。

ここではそれ以外の、付属してくる充電器ではなくAnker NanoII 65Wに買い替えたほうがいいメリットを次の3つ紹介します。

  • 上下の向きを気にせず挿せる
  • ケーブル収納ボックスに収まる
  • 電源タップの差し込み口の邪魔をしない

上下の向きを気にせず挿せる

Anker NanoII 65Wは上下の向きを気にせずコンセントに挿すことができます。

プラグの箇所がApple 61W USB-C 電源アダプタは角のほうにあるのに対して、Anker NanoII 65Wは中心にあります。

プラグの位置比較

そのためスターバックスにあるような横並びのコンセントに対して

コンセント挿す向きの比較

Anker NanoII 65Wは上下どちらでもさすことができますが、Apple 61W USB-C 電源アダプタは向きを調整しないとさせない場合があります。

さす向きを気にしなくていいのは、意外とうれしいポイントです!

他にもスターバックスで使ってうれしいポイントが!

スターバックスの充電コンセントは座る位置の正面にあることが多いです。

そのため付属してくる充電器を挿すと出っ張りがお腹部分に迫ってきて邪魔に感じます。

Anker NanoII 65Wであれば小さいため、出っ張り部分が少なくこのように

スターバックスのコンセントにAnker NanoII 65Wを挿した様子

手前に出っ張る部分が少なくすむのがうれしいポイントです。

ケーブル収納ボックスに収まる

Anker NanoII 65Wは本体が小さいので、ケーブル収納ボックスに収まります。

このような

ケーブル収納ボックス

ケーブル収納ボックスにApple 61W USB-C 電源アダプタを収納しようとすると、本体が大きくてフタが閉まらないことがあります。

ケーブル収納ボックスのフタが閉まらない様子
充電器の高さがあってフタが閉まらない

こんな問題もサイズの小さなAnker NanoII 65Wであれば、

ケーブル収納ボックスに入れたAnker NanoII 65W ホワイト
ケーブル収納ボックスのフタが閉まっている様子

問題なくフタが閉まります。

電源タップの差し込み口の邪魔をしない

Anker NanoII 65WはApple 61W USB-C 電源アダプタと比べて、サイズが小さく正方形の形をしているため、電源タップの差し込み口の邪魔をしません。

例えば5口の電源タップの真ん中にApple 61W USB-C 電源アダプタを挿すと

電源タップにApple 61W USB-C 電源アダプタを挿している様子

右側2口が隠れてしまい挿せなくなってしまいます。

しかしAnker NanoII 65Wであれば真ん中に挿しても

電源タップにAnker NanoII 65W ホワイトを挿している様子

左右2口挿す余裕があります。

Anker NanoII 65Wであれば電源タップの差し込み口を無駄にしなくてよくなりますね!

いくつかMacBookに付属してくる充電器ではなく、Anker NanoII 65Wに買い替えたほうがいい理由を紹介してきました。

付属してくる充電器のような大きい充電器だと、出先のコンセントの場所によっては挿せないこともあるので、MacBookをよく持ち運ぶ場合はAnker NanoII 65Wのような小さい充電器に買い換えることをおすすめします。

ロクロク
ロクロク

「小さいは正義」ということがよく分かった!

Anker NanoII 65W ホワイトがおすすめの理由

macbookとAnkerNanoII65W

Anker NanoII 65Wにはブラックとホワイトの2カラーがあるのですが、特にホワイトがおすすめの理由を紹介していきます。

ロクロクの考えるホワイトがおすすめの理由は、

  • ホワイトカラーは新色
  • 純正の充電器と同じ色
  • 純正ケーブルと同色で統一感がある

の3つになります。

ロクロク
ロクロク

ひとつずつ紹介していくよ!

ホワイトカラーは新色

AnkerNanoII65Wホワイトのアップ画像

Anker NanoII 65Wは発売日から2色展開だったわけではなく、はじめにブラックカラーが2021年7月27日に発売されました。

その約4ヶ月後の2021年11月19日にホワイトカラーが発売されました。

なのでホワイトカラーのほうが新色になります。

発売当初に購入した人はブラックしか選択肢がありませんでしたが、今から購入するのであればぜひ新色のホワイトカラーをおすすめします!

純正の充電器と同じ色

AnkerNanoII65Wと純正充電器

MacBook Air/Proともに付属してくる充電器は全てホワイトカラーです。

Anker NanoII 65W ホワイトを購入することで、まるでAppleの純正の充電器かのように扱うことができます。

MacBookユーザーであればデバイス周りをApple純正で固めたいのは当然ですよね?笑

純正ケーブルと同色で統一感がある

AnkerNanoII65Wホワイトにケーブルを挿した様子

付属してくる充電器はホワイトカラーであり、付属してくるケーブルもホワイトカラーです。

そのため、Anker NanoII 65W ホワイトを購入することでより統一感のある同色でそろえることができます。

Anker NanoII 65W ホワイトはこのように

MacBookとAnkerNanoII65Wホワイトの正面の様子

ホワイトと正面がシルバーなのでMacBookとの色の統一感はバツグンです!

ブラックカラーもかっこいいのですが、MacBookやケーブルを合わせて使うことを考えるとホワイトカラーを購入するのが正解かなと思います!

まとめ

AnkerNanoII65Wホワイトとパッケージ、MacBook

今回はAnker NanoII 65Wのホワイトカラーに注目して紹介してきました。

まとめると

Apple商品に合うカラーリングで、純正の充電器よりも持ち運びに便利なMacBookユーザーが買うべき充電器

です!

MacBookを持って外で作業する人にはぜひ購入してほしい充電器です。

できればホワイトカラーを購入してMacBookとの統一感を味わっていただければと思います!

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング
暮らし
ロクロクをフォローする
ロクロクブロク

コメント

タイトルとURLをコピーしました